【2022年冬最新】淹れ方に左右されず、ホットコーヒーを誰でも美味しくする方法

コーヒーの話

コーヒーの美味しい淹れ方は、たくさんあってどれがいいかわからないですよね?この記事では”淹れ方に左右されず”ホットコーヒーを美味しくする方法を紹介します。実はコーヒーの淹れ方は人の数だけ存在するので、正解を一つに絞ることができません。今回紹介する抽出前に道具をしっかり温めておくことをすれば、淹れ方に左右されずコーヒーを美味しくすることができます。なぜなら、多くの人はコーヒーの温度が味に与える影響について知らないので、道具を温めることを重要と感じていないからです。この記事では、好みの淹れ方で作ったコーヒーをさらに美味しく飲むために「道具を温める方法」を簡単に紹介します。記事を読み終えると、今後どの淹れ方で作ったコーヒーでも美味しく飲むことができので参考にしてみてください。





粉に対して抽出温度が適温だと膨らむ泡がキメ細かい泡になる

淹れ方は関係なし!この方法でコーヒーは美味しくなる

抽出道具をしっかり温めておくことで美味しさは格段に増します。寒くなってくるとドリッパーやカップの表面温度が低くなり、設定した温度のお湯を注いでもドリッパー内で急激に温度が下がってしまいます。コーヒーの飲み頃の温度は65~70℃と言われており、60℃以下になってしまうとホットコーヒーとしての美味しさを損なうことになるので、温度が下がりにくいように抽出道具・カップはしっかり温めないとダメです。






抽出道具を温めるだけで得られるもう一つのメリット

今から紹介する抽出道具とカップの温め方をすると、ドリップに適した温度のお湯を簡単に準備することができるので、細かなお湯の温度管理が苦手な人はぜひ参考にしてください。

抽出道具の温め方

  1. 少し多めの水(カップ1杯分程度)を沸かします。
  2. 沸騰するまで沸かしたら、カップとドリッパーに注ぐ。
  3. カップのお湯はそのままで、ドリッパーに注いだお湯はもう一度ポットに戻します。
  4. 一度移し替えられたポットのお湯は抽出に適した温度(85℃前後)になります。
  5. そのお湯を使って抽出。







コーヒーの温度が下がると誰でも味の感じ方は変わってしまう!?

人間の味覚は同じ物でも温度が違えば味の感じ方も違ってきます。わかりやすく言うなら、温度が高いうちは「苦味」のようなわかりやすい味を感じやすくて、温度が下がってくるとだんだんと「酸味」「甘味」を感じられるようになってきます。つまり、淹れたての味と冷めてからの味が違ったように感じるのは温度によるせいです。逆に言えば、少し冷めたくらいの方が味がわかりやすくて、その時に美味しく飲めると感じたコーヒーは豆の鮮度も良くて、抽出にもムラがないと言えます。





カフェラテが冷めやすい理由はミルクの温度が低いから

カフェラテはホットコーヒーに比べて作り出す時の温度が低いので冷めやすいです。ドリップコーヒーは注ぐお湯の温度が80~95℃に対して、カフェラテのミルクは65℃前後です。65℃以上に温めると甘味を失ってしまうので、65℃前後で作られます。なので、温度がすぐに下がってしまわないように常にカップをホットウォーマーで温めているお店が多いです。

紙コップだと保温できないのが辛い







本記事のまとめ

気温が下がってくると抽出道具やカップの表面温度が下がった状態になっています。温かいコーヒーを淹れてもすぐに冷めてしまうと味の感じ方が変わってしまうので、抽出するときは必ず道具を温めてから抽出してください。

抽出道具の温め方

  1. 少し多めの水(カップ1杯分程度)を沸かします。
  2. 沸騰するまで沸かしたら、カップとドリッパーに注ぐ。
  3. カップのお湯はそのままで、ドリッパーに注いだお湯はもう一度ポットに戻します。
  4. 一度移し替えられたポットのお湯は抽出に適した温度(85℃前後)になります。
  5. そのお湯を使って抽出。

上記の方法だと、淹れ方や豆の好みによらず作ったコーヒーを温かいまま長くキープできます。抽出に適した温度の準備も簡単なので一石二鳥です。ホットコーヒーは一気に飲むことがほとんどありません。少しでも温かい状態で飲めるように必ず抽出道具とカップは温めてから作ってください。






購入して良かった商品ランキング

 

1度このポットで注ぐと他のポットに戻れなくなってしまうコーヒーポット

値段が高いので購入するまで少し悩みましたが、その不安は一瞬で消えて無くなりました。なぜなら、ポットから出るお湯の滑らかさが今まで体験したことない感覚だったからです。引っ掛かりがないと言うか優しいお湯の出かたをするので味がまろやかに仕上がります。

家にコレ1台あればカフェに大変身!!

業務用としても使えるレベルのコーヒーミルです。安価な電動ミルもありますが、保証のしっかり付いているメーカー品が安心。手軽に挽き目を変える事ができるので、カフェレベルのコーヒーを淹れることができます。

「粉量・湯量・時間」1台で3つの重要な数字が管理できる必需品

毎日美味しいコーヒーを作るには"再現性の高さ"が求められます。このコーヒースケールは1台で粉量・湯量・時間の3つの数字が管理できます。感覚で淹れるのではなくてしっかり把握して淹れることでアレンジして作ることもできるのでないと困る道具です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました