【2022年最新】インスタントコーヒーをさらに美味しく作る方法

コーヒーの話

毎日コーヒーを飲んでいる方で、もっと美味しく作れないか悩んだことはありませんか?実は、手軽に作ることのできるインスタントコーヒーに、ひと工夫するだけでさらに美味しくする方法があります。今回はインスタントコーヒーをさらに美味しくする方法を紹介します。この記事を最後まで読むと、いつも飲んでるインスタントコーヒーをもっと美味しくすることができます。



自己紹介

たっちゃん
たっちゃん

地方在住コーヒー好きの33歳
【自分でお金を稼ぎたい】
そんな想いで脱サラして起業
・コーヒー豆の代理店を開始
・売上ゼロスタート
「自分で作って売る」ことを決意
・露店営業から開始
・現在はキッチンカー営業
・コーヒー教室も定期開催

日々の出店情報・日常の発信は『Instagram』から覗いていってね!

個人的に思った事をつぶやくゆる〜い『Twitter』もやってます。

インスタントコーヒーにひと工夫する方法とは?

  • 蓋を丁寧に開ける
  • 粉をしっかり計る
  • 少量のお湯で練る
  • 高温のお湯を使う

蓋を丁寧に開ける

購入してはじめに蓋を開けて、内側に貼っている紙を剥がしますが、この時に貼り付いている紙を完全に綺麗に剥がすか、ふちの部分だけ綺麗に残すかにしてください。なぜなら、外蓋を閉めた時に完全に密着させる為です。これで鮮度が違ってきます。

粉をしっかり計る

インスタントコーヒーは意外と強い味が出るので、多く入れ過ぎ内容に注意してください。メーカーによって使用する粉量は違いますが、しっかり計ることが大切です。あと、注意することはほとんどのメーカーはコーヒーカップ(約130ml)に合わせてレシピが記載されています。なので、マグカップなどで飲む場合は粉量を計っていても使うお湯の量が多くなるので、薄くなってしまいます。

少量のお湯で練る←Check Point

いきなりお湯を注いで作る人がほとんどだと思いますが、はじめに少量のお湯を注いでスプーンなどで粉を練ります。要するに、しっかりと練ることで完全に溶かして、コーヒーの原液を作ることでお湯に成分がよく溶けて風味がしっかりするということです。

高温のお湯を使う

しっかり粉を練って、原液を作ったらお湯を注いでいきます。この時に使うお湯の温度は高温で大丈夫です。だいたい95℃くらい。高温のお湯で溶かすことでフレーバーを引き立つので、コーヒーの風味が良くなり美味しく仕上がります。


みんな思っているインスタントコーヒーの不満

お客さんと話をしていると、インスタントコーヒーを利用している人は案外多いです。手軽に飲めるという声も多い一方で、味が薄いという共通の不満を抱いていることもわかりました。

味が薄い理由

味が薄い理由は、お湯の量と粉の量のバランスが悪いからです。簡単に作れるので、使う粉の量も適当にしてしまってる人が多いです。なので改めて、インスタントコーヒーの正しい作り方を紹介します。


インスタントコーヒーを正しく作るとこんなに変わる

インスタントコーヒーの美味しさを最大限に引き出せることで、今以上に美味しいコーヒーが飲めるようになり、わざわざカフェに行かなくてもよくなる。なので、時間の節約とお金の節約につながり、急な来客時でも喜んでもらえるレベルのコーヒー(サービス)が提供できる。

【豆知識】インスタントコーヒーは2種類あるって知ってました?

無意識にスーパーで買ってるインスタントコーヒーですが、実は種類が2つあるって知っていましたか?それぞれの違いを理解していないとカフェオレにして飲むときや、ブラックで飲む時に損してしまうことになります。インスタントコーヒーはフリーズドライ製法スプレードライ製法の2種類があって、それぞれにメリット・デメリットがあります。

フリーズドライ

マイナス40度の冷気で一気に凍結させる製法で、コーヒーを真空にかける事で水分を飛ばします。真空なので小さい熱で蒸発させることができるのでメリットとしては香りをできるだけ残した状態で乾燥させることができます。デメリットは美味しいですが、製法に手間がかかることから価格は若干です。ブラックで香りと共にコーヒーを楽しみたい人にオススメします。



カフェインが苦手な人はこちらがオススメです↓

スプレードライ

スプレードライ製法は霧状で噴射し、熱風で水分を飛ばす製法です。霧状から粉末になるので粒子が小さく溶けやすく、水でも溶けるのでアイスコーヒーも簡単に作れます。霧状のものを熱して粉末にするので、フリーズドライに比べて量産が可能なので価格が若干低く、コスパが良いのがメリットです。デメリットは熱を加えるので香りを大幅に失います。苦味が際立つのでブラックではなくアイスコーヒー・カフェオレが好みの方向けです。





フリーズドライとスプレードライの見分け方

粒子の大きさが一目瞭然ですね。





本記事のまとめ

昔と比べてインスタントコーヒーはものすごく進化しています。手軽なのでドリップコーヒーよりも定着しているかと思いますが、手軽さ過ぎて正しい作り方を把握していない人が意外と多いです。正しい作り方はこの4つのポイントに気を付けてください。

  1. 蓋の開け方
  2. 粉を計る
  3. はじめに少し練る
  4. 高温のお湯で入れる

簡単に作れるから美味しくないわけではなくて、正しく作れていないから美味しくならないことの方が多いです。ポイントを押さえて作ると見違えるほど美味しくなります。毎日コーヒーを飲む方などはぜひ参考にしてみてください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました