【2022年最新】コーヒー初心者が家でも簡単に”濃い”アイスコーヒーが作れるようになる方法3選!!

コーヒーの話

夏になるとアイスコーヒーを飲む機会が多くなりますが、家で作ると味が薄くて美味しくないと悩んだ経験はありませんか?実は今回、初心者の方でもしっかり濃いアイスコーヒーが家で簡単に作れる方法を3つ紹介します。この記事を読むと、今後アイスコーヒーが薄くて美味しくないということがなくなり、冷たくても味のしっかりした濃いアイスコーヒーが作れるようになります。

自己紹介

たっちゃん
たっちゃん

地方在住コーヒー好きの33歳
【自分でお金を稼ぎたい】
そんな想いで脱サラして起業
・コーヒー豆の代理店を開始
・売上ゼロスタート
「自分で作って売る」ことを決意
・露店営業から開始
・現在はキッチンカー営業
・コーヒー教室も定期開催

*もっと詳しい紹介はコチラ。普段のキッチンカーの情報はInstagramでチェックしてね!


コーヒー初心者が家でも簡単に濃いアイスコーヒーが作れる方法3選!!

カップによって作る量は変わる。


インスタントコーヒー・ドリップパック・ハンドドリップの3つの作り方を紹介しますが、共通のルールとして作り出す前に【グラスに氷を入れて冷凍庫で冷やしておいてください】 そして、抽出が終わると冷やしておいたグラスに一気に注いで冷やします。このときタンブラーや銅のカップならさらに一気に冷えます。注ぎ終わったら、マドラーでよく攪拌して終わりです。豆から作るので香りが損なわれず酸化もしないので味がしっかり感じられます。

初心者が家でも簡単に濃いアイスコーヒーが作れる方法〜インスタントコーヒー編〜

手軽に作れるインスタントコーヒーでもしっかり濃いコーヒーは作れます。まず、どのメーカーのインスタントコーヒーでもいいんですが、スプレードライ製法で作られたものを選んでください。そして、粉の量をホットの1.5倍〜2倍使って作ります。お湯を注ぐときに、少し温度が高め(95℃くらい)のお湯を使って少量のお湯でしっかり練って溶かします。しっかり溶かしてから必要量注いで作ってください。

初心者が家でも簡単に濃いアイスコーヒーが作れる方法〜ドリップパック編〜

ドリップパックに入っている粉の量はコーヒーカップに合わせて作られています。なので、ひとパックだけだと氷を淹れて冷やした時に薄くなってしまいます。贅沢ですが、ニコイチにして粉量を増やしてから作ってください。しっかり濃いめのコーヒーを作ってから氷で冷やしてアイスコーヒーに仕上げます。


初心者が家でも簡単に濃いアイスコーヒーが作れる方法〜ハンドドリップ編〜

ホットコーヒーの粉量の1.5倍〜2倍の粉量を使うのはインスタントコーヒーと同じです。注意してほしい事は、注ぐお湯の量はホットと同じ量にすること。(粉量で調節してるので比率が狂ってしまうから) 粉に対して湯量が少なく感じると思うので、注ぐときにしっかりムラなく均等に粉が濡れるように注いでください。ちなみに、粉量を多くしてもハリオV60は湯抜けが速いので過抽出になりにくい!





濃くて味のしっかりしたアイスコーヒーの作り方をまとめると…

  1. 粉量はホットの約2倍使う。
  2. 水の量が多くなりすぎないようにする。



初心者の方が家で作るアイスコーヒーが”薄くなる3つの理由“

ホットと同じ粉量で作ってしまっている

アイスコーヒーはホットと違って氷で冷やす作業が加わります。その為、冷やすことで氷が溶けて多少薄くなります。なので、ホットに比べると粉と水の割合を変更する必要があるんです。この記事では”水の量は同じで、粉の量を1.5倍〜2倍”にすることをおすすめしています。

飲むグラスが違いことで比率が狂う!?

粉量を増やしても同じように水の量も変わってしまうと意味がありません。実は、ホットとアイスで使うグラスを変えても粉と水の比率が狂うことが起こります。作る量が変わっても粉と水の比率は変えないようにするのがわかりやすくておすすめです。

未抽出

コーヒーの成分がしっかり抽出されていないと薄く感じる場合があります。ホットだと苦味を感じやすいので気付かない事がありますが、未抽出のアイスコーヒーだと「酸っぱい」ネガティブな印象を受けます。


豆の焙煎度合い

そもそも使ってる豆が浅煎りだと苦味成分は出にくいです。浅煎りの豆で無理に粉量や抽出時間で合わせにいくと「雑味」「エグ味」に繋がって浅煎り特有のクリーンな味わいすら失います。苦味がほしい場合は最低でも【シティロースト】で焙煎された豆を使いましょう。焙煎度合いについてはコチラを参考にしてください。



アイスコーヒーが薄くなってしまう理由をまとめると…

  1. ホットコーヒーと同じ粉の量で作ってしまっている。
  2. 未抽出になっている可能性がある。
  3. 濃いアイスコーヒーに適した焙煎度合いの豆を使っていない。



本記事のまとめ

家でアイスコーヒーを作るときは、ホットコーヒーと同じ粉量で作ると氷で薄くなるので、濃度を濃く作る必要があります。目安としてホットコーヒーの1.5倍〜2倍の粉を使ってください。インスタントコーヒーやドリップパックのコーヒーの場合も同じです。冷やすときは熱伝導の良いグラスなどで一気に冷やすと味わいにキレが生まれて、誰でも簡単に作りたてのアイスコーヒーが作れます。この方法は、僕も家ですぐにアイスコーヒーが飲みたいときによくするので一度挑戦してみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました